nil

MG デルタガンダムナユタ

Category: MGデルタ  
TFnyt_20130220010529.jpg


百式の後にデルタガンダムが開発されなおしたとしたら!ということでデルタガンダムへ至るまでの試作機のひとつです。
デルタをver10.0としてこの機体は9.02なので開発も結構後期だったようです。
全天周モニタやデータ取得の為機体のいたるところにセンサーがあります。


RIMG0305.jpg

RIMG0264.jpg

RIMG0309.jpg


こうして見ると結構デルタプラス残ってますね。全身のバランスはちょっとずつ伸ばしたり縮めたりしています。


RIMG0271.jpg

頭部はアンテナと顔以外ほぼそのまま。
アイカメラ部分は電磁波投射システムが実装されているので目が6つあります。
アンテナは気付いたらハルートでした。裏側にちょっとセンサーっぽい構造物を盛り込みたかったのですがタイムアップ。

胴体は外骨格をイメージして装甲のようなフレームのような感じに。
変型の際は細かく割れて伸縮します。思えばここをこんなふうにしなかったら全体の製作が今よりずっと楽でした。
胸部は山を作るように厚みを増しています。
フロントアーマーは増設。サイドアーマーも厚みを増し整流フィンを追加。

RIMG0283.jpg


鎖骨部分にはフレームが露出しています。変型時にがこんと引っ込んで肩関節をホールドします。
白いパーツはちょっと開き気味で固定。


RIMG0281.jpg

RIMG0312.jpg


バックパック。タカマガハラと名づけられました。
上部はセンサーモジュール、後部に突き出しているスタビライザーはがしょんと開いて放熱もします。
奥に背骨が覗きますね。背骨の上から伸びる太いアーム一本で接続されています。

ウイングバインダーもそこそこ手を入れました。MaさんのEx-Sリスペクトで羽を飛びそうな感じに。
翼端にセンサー追加、バインダー上部にも↓画像にて確認できますがライトパネルを追加したり、中部にエアブレーキをイメージした展開をさせてみたり結構盛っています。


RIMG0310.jpg

RIMG0285.jpg


腕部。膝にもありますが、赤いのはフィールドモーターか何かです。
指はTF見ながら関節突っ込みました。
肩中心ブロックは明らかにでかかったのでばっさり切ってスラスター詰めました。


RIMG0295.jpg


RIMG0299.jpg


脚部。一番力が入った部位です。
脹脛両側面のインテークを大幅に形状変更。変型時じゃこっとシャッターが可変します。
膝には、入ってはいないのですがエンジンが入ってるようなイメージで複雑化。


RIMG0303.jpg

足裏。マスキングミスって盛大にはみ出してますが見なかったことにしてください。直してる時間ありませんでした。
爪先裏は倒立式の地面を噛むスパイクや変型時のダンパー、踵は変型機構で通常の機体より脆弱な脚部を保護するためにショックアブソーバーが入っています。




RIMG0316.jpg

と、言う訳でナユタ。
1ヵ月半もかかってしまいましたが、初めてのMG改修でここまでいじって1ヶ月半なら早い方なのでは、と。
今まで敬遠していたのですが結構なんとかなるもんですね。

最後になりましたがスペシャルサンクス。
デザイン協力:ひなくん
顔パーツ提供:AQUAさん
画像編集:ikmtさん

And you!ご覧頂きありがとうございました。
 

Newer Entryナユタの裏側

Older Entry詰め

Comments



« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
書いてる人

うに

Author:うに
もそもそ模型作ってます

ありがたい数字
検索フォーム
QRコード
QRコード