nil

バロンズゥ詳細

Category: バロンズゥ  
バロンズゥ補足編です。



P1020128.jpg
前にも書きましたがこのキットにはバックラーシールドが2種類付属します。


P1020170.jpg
どちらも捨てがたかったので交換できるように接着せずにおきました。


P1020165.jpg
劇中版とポスター版でしょうか。どちらも裏が凄いです。
墨入れのふき取りが甘かったと反省。太い線に黒を流し、細部はスモークを流しています。

P1020149.jpg
羽はそれぞれ付け根からバラバラなので接合面を粗くやすり接着した後上から金属線貫通させてガチガチに固めました。
3度ほど落としたのですがクラック一つ入りませんでしたよ。


P1020150.jpg
パーツの重なりが美しい後頭部。メカメカしい硬質感と優美な曲線美がたまりません。
劇中版のバックラーシールドの裏側が見えますね。ポスター版キュベレイの腕フレア内を彷彿とさせます。

P1020179.jpg
ここからばらしながら撮ったもの。
腕付け根は腕側のパーツが被り干渉して剥げているのですが、組んでしまえば見えなくなります。
逆に見えなくなるところにまでディテイルがきっちり施されているこの構成に頭が下がりますな…

P1020182.jpg
フェイスマスクの中には顔があります。目も塗ったのですが見えませんね。
スリットをぶち抜こうと思ったのですがすんでのところで思いとどまりました。

P1020188.jpg
スパイクらしき機構も見える足裏。
ここを最初に見たときになんとしてでも塗り分けてやろうと思っていました。
外装をグロスにして板バネや積層などは全てフラットコート、など。
しかし一律半艶にしてみると落ちる影が美しく情報量が際立ったのでそのままで完成としました。
ポスター版やシリコントライブさんの展示見本では塗りわけがあった頭部のダークグレー部分も塗りわけはしませんでした。

もしいつか赤バロンを塗ることがあったらウレタンクリアてっかてかの外装にフラットコートをがっつりかけた積層部分という対比をきかせて塗りたいところです。

P1020142.jpg
イレーザーエンジンでも入っていそうな脹脛部。
シルクかなにかのドレスのドレープのようなモールド群です。

RIMG0172.jpg
どっしりと立たせたかったので足は広めに開いています。後々ばらせるように接着などはせずに軸打ったボール受け側に両面テープを貼って組みました。

■工作 表面処理は抜きが良く、ひどく荒れたところなどはなかったのでゲートの処理と目立つ部分の気泡埋めを行い表面を軽くスポンジやすり各番で撫でたのみです。
彫りなおしはモールドが結構くっきりしていて必要なさそうだったのでそのまま。というか彫りなおしなんて出来ません…_(> 「ε:)_

■色
白:サフ→グレー+紫→ホワイトパール→白 で積層部分や陰になる部分にかすかに下地を残しています。
肉眼ではほとんどわからないのですが画像にはちょっとパールっぽさが残っていますね。

積層部分:サフ→白→ホワイトパール→白を化粧吹き 

緑:純色イエロー+シアン+白

アイスリットはエナメルでコーラルピンクを作って塗りました。
各所黒とスモークを使い分けて墨入れ後、ガイアのEXクリアにフラットベースなめらかを足して半艶に。



以上。シリコントライブ製バロンズゥでした。
大物ということもあり塗装や置き場所に困るキットですが、
緻密なモールドや繊細な曲面を持った外装など見所が多く素晴らしいキットです。
クインシィバロンズゥの製作依頼お待ちしております(笑)

Newer EntryHGUC ユニコーンガンダムデストロイモード

Older Entryシリコントライブ バロンズゥ

Comments



« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
書いてる人

うに

Author:うに
もそもそ模型作ってます

ありがたい数字
検索フォーム
QRコード
QRコード